Yogibo Launger(ヨギボーラウンジャー)は一人暮らしに最適!

新しいYogibo(ヨギボー)の登場です!「Yogibo Launger(ヨギボーラウンジャー)」はどんなYogiboなんでしょう?

 

今までのYogibo(ヨギボー)とはどこか違いますね?

 

Yogibo Launger(ヨギボーラウンジャー)はオプションいらずの1人用ソファ

「Yogibo Launger(ヨギボーラウンジャー)」は、今までのYogiboとはどこか違いませんか?

 

そうです!形が対象じゃないんです!今までのYogibo(ヨギボー)は、前後左右が対象だったのでどこからでも座ることができました!ところが、「Yogibo Launger(ヨギボーラウンジャー)」は前後が存在しますので、座る時は前から座る必要があるのです。

 

これってデメリット??

 

Yogibo Launger(ヨギボーラウンジャー)のサイズ感はどう?

「Yogibo Launger(ヨギボーラウンジャー)」のサイズ感はどうでしょう?ちいさめのYogiboと比較してみましょう!

Yogibo種類 長さ[cm] 幅[cm]

重さ[kg]

Yogibo Pod 85 95 7.0
Yogibo Mini 95 65 4.5
Yogibo Drop 75 85 6.0
Yogibo Launger 75 75 5.0
Yogibo Bubble 75 70 5.0
Yogibo Pyramid 65 75 3.0

 

「Yogibo Launger(ヨギボーラウンジャー)」は、「Yogibo Drop(ヨギボードロップ)」と「Yogibo Bubble(ヨギボーバブル)」の中間ぐらいの大きさです。

 

大人の男性だとサイズ的にはギリギリですが、ちょっとくつろぐにはちょうど良いサイズですね。

 

Yogibo Launger(ヨギボーラウンジャー)のデメリット

Yogibo Launger(ヨギボーラウンジャー)のデメリットについて見ていきましょう!
人によっては、デメリットと感じない項目もあるかもしれません。

 

Yogibo Launger(ヨギボーラウンジャー)のデメリットは以下の通りです。

 

前から座らないといけない

Yogibo Launger(ヨギボーラウンジャー)は、背もたれ部分があるため、座る時は必ず前から座る必要があります。

 

今までのYogibo(ヨギボー)は、上下左右が対象だったのでどこからでも座れるという特徴があったのですが、Yogibo Launger(ヨギボーラウンジャー)は背もたれがあるというメリットの分、どこからでも座れなくなったというデメリットが生まれました。

 

色の種類が少ない

Yogibo(ヨギボー)の基本色は17色ですが、Yogibo Launger(ヨギボーラウンジャー)は8色しかありません。
※Yogibo Launger(ヨギボーラウンジャー)の色の種類が17色に増えましたので、デメリットではなくなりました!

 

変形ができない

Yogibo Launger(ヨギボーラウンジャー)は、背もたれがついていて座る方向が決まっています。そのため、使い方としては1通りしかありません。

 

変形して色々な座り方ができるYogibgo(ヨギボー)と比べると、この点がちょっと物足りないと感じるかもしれません。

 

Yogibo Launger(ヨギボーラウンジャー)をおすすめしたい人

Yogibo Launger(ヨギボーラウンジャー)をおすすめしたい人はこんな人です!

  • 1人用のソファが欲しい
  • お部屋に合ったコンパクトサイズのYogibo(ヨギボー)が欲しい
  • Yogibo(ヨギボー)単体でくつろぎたい

 

Yogibo Launger(ヨギボーラウンジャー)は、背もたれが最初からありますので、ソファオプションがなくてもくつろぐことができます。そのため、Yogibo(ヨギボー)単体でシンプルにくつろぎたい方におすすめです!

 

Yogibo Launger(ヨギボーラウンジャー)の購入は公式サイトがおすすめ!

Yogibo Launger(ヨギボーラウンジャー)の購入は、Yogibo公式サイトがおすすめです!

 

以下に詳しく解説していますが、

 

Yogibo公式サイトでは、不定期にキャンペーンを実施しています。そのため、送料無料だったり、10%OFFだったり、かなりお得な価格で購入することができます!