ここ最近では、NAVERまとめでも「Yogibo(ヨギボー)」が話題となり、ネット拡散中のようです。

まだまだ日本では認知度の低いヨギボーですが、NAVERまとめで日本の出店予定など紹介記事を載せているため反響を呼んでいるようです。

 

このソファが日本に紹介されるきっかけが日本総代理店を務める株式会社ウェブシャーク社長木村誠司氏がアメリカでこの商品を見つけその使い心地に共感。しかしアメリカから日本に輸入するとなるとそのコストが2万円のソファを1個いれるのに8万円ものかかると聞き、だったら日本で作ったらいいじゃないかと考えたのが始まり。

 

米国のYogibo社と正式に契約を結び、日本での販売に発展したわけです。

 

最初はネットショップのオープンではありますが、今はソファに限らずなんでもネットで注文できる時代。ネットショップオープン前からいろんなサイトで紹介記事が増え、その反響のすごさが伺えます。

 

今までインテリアショップは数多くありましたが、今回のソファは耐久性や自由に形が変化できる、カラーバリエーションも豊富、場所も取らないため置く場所にも困らないと至れり尽くせりのアイディアと遊び心漫才のビーズソファーブランド。

 

 

一時的な流行りではなく、見た目だけでなく使い心地も癒されるというのは今まであまり類を見なかったのではないでしょうか。

 

一度座ったらもう立ち上がれなくなる、赤ちゃんも気持ちよさにぐっすり寝てしまう、そんなソファです。ちなみに代理店のウェブシャーク社の社員も会社にあるこのソファで休憩や仮眠をとって癒されているようです。うらやましい話ですね。